忍者ブログ
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kotizu01.jpg

kotizu02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本日は地車名所独案内の1ページ目と190ページ目のお話、お話
本書の1ページ目と190ページ目には岸和田城下の絵図がある。
はじめの絵図は江戸前期 五層の天守がそびえ立つ。
お後の絵図は幕末の 天守焼失お城無し。
しかしどちらも現在の 城下の土地割りそのままに
今は昔のチョンマゲ時代 それから今まで変わらぬこの地
これを長めりゃ一目瞭然。城下の成立一目瞭然。

寄ってらっしゃい見てらっしゃい

本丸 二ノ丸 三ノ丸
岸和田御宮に神明社 長泰勧請・三ノ丸稲荷komaya-tarou002.gif
北大手門をくぐってコナカラ坂
本町・中町・町曲輪、堺町の外曲輪 浜に繋がる汐入門
今はS字と内町門に堺口門
古城川に架かるは欄干橋と城見橋
港に祀るは浪切不動
日待講の大神宮・・・今と昔が完全一致。
これぞ岸和田 城下の歴史
今と変わらぬ岸和田の町。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
古地図
岸和田城下の絵図は3、4点存在する。そのうち彩色豊かで丁寧な造りの2点を、本の1ページ目と192ページ目に使用した。上の図は、正保二年(1645)小出秀政が城郭整備をはじめてすぐの城下町。五層の天守閣がしっかりと描かれており、御宮(岸城神社)と神明社の社も描かれている。まだ浜地域に住居はなく、港も開発されていないが、見ての通り確りとした区画整備がされている。下図は幕末の城下絵図である。文政十年(1827)に落雷で天守が焼失しており、絵図にも描かれていない。上図は国立公文書館より、下図は並松町の高林家よりお借りした。

地車22町の町名を丸覚えすることは難しいが、城下町の成立過程を基にすると、意外と町名と町位置が覚えやすい。本書170ページを参照されたい。
民の字 URL 2006/09/25(Mon)22:26:09 編集
岸和田古地図でチョンマゲ時代を散歩
この地図面白いね。何気に眺めてたら
「へぇ 堺町ってお堀の中にあったんやぁ」とか
「S字って昔もS字やん!」と嬉しくなったり
「この間に港が整備されたんや・・」とか
「なるほど 筋か違って筋海町なのね・・・」などなど
タイムスリップして思わず地図の中を散歩してしまう。
五重の岸和田城 地図の中だけでも見上げることが出来る気がした。
六の字 URL 2006/09/26(Tue)16:48:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
岸和田だんじり
里曳きでは、御柱の曳行とともに、騎馬行列や長持ちなど華やかな出し物が催され多くの観客を集める。また、下社山出しにおける木落としは有名で、負傷者が出ることも珍しくない。 大社での開催年を中心に、全国の諏訪神社や関連神社(通称:小宮)でも同様の祭りが実施される。
URL 2007/03/20(Tue)19:01:43
上だんじり
岸和田だんじり祭は、現代の平成の時代においても、岸和田市内各町の日常生活の中に根ざした『生きた祭り』であり、また、このことこそが岸和田だんじり祭のパワーの最大の源泉であるといえよう。
URL 2007/03/21(Wed)09:45:31
17歳 人気グラドル ★南 明奈★ お宝マンコ画像と乳首画像流出!!!
南 明奈
URL 2007/06/01(Fri)03:48:23
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新コメント
[02/28 人妻動画]
[10/07 セックスフレンド]
[10/04 セックスフレンド]
[10/01 人妻]
[09/25 セフレ]
[11/07 セフレ]
[11/07 セフレ]
[11/07 セフレ]
[11/07 セフレ]
[11/07 セフレ]
自己紹介
HN:
古磨屋太郎
性別:
非公開
アクセス解析
忍者ブログ [PR]